コレステロールには大きく分けて善玉と悪玉の2種類があります。

 

【コレステロールさようなら】悪玉コレステロールを下げたい!

 

この2つはそれぞれ体内で違った働きをしています。善玉は、血管内にある余分なコレステロールを肝臓に運んでいます。悪玉は肝臓から体の隅々までコレステロールを運ぶという全く逆の働きをしています。この両者のバランスが取れていれば、体は健康に保たれます。しかし、悪玉が増えてくると動脈硬化の原因になると言われています。

 

なぜ、悪玉コレステロールが増えると動脈硬化が起こるのでしょうか。私たちの血管は、内膜、中膜、外膜の3層に分かれています。内膜の一番内側には血管内皮細胞というものがあります。この細胞は様々な血管作動物質を放出し、血管の収縮・拡張を調節したり血小板の粘着・凝集を抑制し血管の保護をしています。中膜は血管壁の収縮や拡張の運動を支える筋肉から成ります。

 

そして外膜は血管壁を外部から守っています。動脈硬化は内膜の内皮細胞の機能が低下することから始まります。余分なコレステロールが血管内に溜まると、この内皮細胞に傷をつけてしまいます。傷の付いた内皮細胞の隙間から悪玉コレステロールがどんどん中へ入ります。

 

これと同時に血液の中に含まれるカルシウムや血小板も入り込み、内膜は膨らんでいきます。このため血管内が狭くなり、血の流れが悪くなります。これが動脈硬化の起こる機序です。動脈硬化が心臓の冠動脈で起こると、狭心症や心筋梗塞を起こし、脳の血管で起こると脳梗塞を起こします。また、硬化している血管は柔軟性がないため、血管破裂につながることもあります。動脈硬化によって起こる病気は他にも、大動脈瘤、腎硬化症、閉塞性動脈硬化症など様々な病気を引き起こします。

 

内皮細胞の機能低下を防ぎ、動脈硬化を起こらせないために、悪玉コレステロールを下げることはとても重要です。年齢を重ねるにつれてコレステロールは溜まりやすくなるので、食生活に気をつけ、ストレスを減らし、規則正しい生活をすることをおすすめします。

 

悪玉コレステロールを下げるために

 

【コレステロールさようなら】悪玉コレステロールを下げたい!

 

悪玉コレステロールが動脈硬化を引き起こすことはご存知の方も多く、それに対する意識も高まっています。動脈硬化が引き起こす脳疾患や心疾患で亡くなる方を合計すると日本人の死因第1位であるがんの死亡数に匹敵します。そんな動脈硬化のさらに恐ろしい特徴は、動脈硬化そのものには自覚症状が無いということです。ある日突然脳梗塞や心筋梗塞で倒れ、病院で初めて動脈硬化の現実に気がつくという例も多いです。その後治療で回復すればまだ良いですが、治療ができないまま亡くなる方もいらっしゃいます。サイレントキラーとも呼ばれるおそろしい動脈硬化を防ぐために我々にできることは何でしょうか。

 

原因として真っ先に思い浮かぶ喫煙は、まず控えるべきです。禁煙をすることで血管以外も健康になれます。将来を考えて、自ら禁煙するのが難しいという人はお医者さんに相談することが肝要です。後は継続的に運動をすることも大事です。そして、日常的に気を付けなければならないのが食生活です。

 

コレステロールを気にするとき、まず頭に浮かぶのはコレステロール値が高い食品を避けるということです。それももちろん大事ですが、血中のコレステロールはそのほとんどが肝臓で作られたものです。効果的にコレステロール値を下げるには、コレステロールの合成を増やす食品を減らし、合成させにくい食品を増やすというアプローチが必要です。前者と後者は似ているようで実は違います。

 

肝臓での合成を考えるとき、脂肪の取り方が鍵になります。脂肪は飽和脂肪と不飽和脂肪に分類されます。飽和脂肪を多く摂取するとコレステロールを合成する機能が高まり、不飽和脂肪はその逆の効果があります。だから、この2つのバランスをとることで、合成をコントロールしていくことが大切です。飽和脂肪を含む割合が多い食品は、脂身の多い肉、ソーセージ、チーズ、ポテトチップス、ケーキ、チョコレートなどです。不飽和脂肪を含む割合が多いのは大豆油、菜種油ごま油、豆腐、魚介類、魚卵などです。イメージしたものとは違う食品もあると思います。ここに意識をするだけでも、コレステロールのコントロールに大いに役立つはずです。

コレステロールと聞くと、体に悪いもの、というイメージしかない人が多いでしょう。

 

【コレステロールさようなら】悪玉コレステロールを下げたい!

 

しかし、コレステロールは細胞膜や性ホルモンや成長ホルモン、副腎皮質ホルモン、胆汁酸などの材料であり、私たちが生きていくうえで、なくてはならないものでもあります。

 

コレステロールそのものが悪いというわけではなく、多すぎることが悪い、というのが正解なのですが、少々誤解を受けているようです。

 

コレストロールには悪玉(LDL)と善玉(HDL)があります。
悪玉は抹消組織に供給され、動脈硬化を促進します。
善玉は逆に抹消組織から過剰なコレステロールを回収する働きがあり、動脈硬化を予防します。

 

したがって、LDL値が高いのはよくありませんが、HDL値が低すぎるのも問題があります。

 

近年、LDLとHDLの比率が重要だということがわかりました。

 

LH比というのですが、LDL値÷HDL値を計算し、この値が2.5以上の人に、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高いことが判明しました。

 

LDLの値が基準値内であってもHDLの値が低いと、LH比の値は高くなります。
心筋梗塞や脳梗塞を発症した人の中にはLDL値が高くない人もいました。LDL値もHDL値も基準値内の人もいました。
どういうことなのだろうか?といろいろと検証したところ、このような人たちはLDLとHDLの比率が高い人たちだったのです。

 

HDL値が低い人には運動不足の人が多いです。食事だけではなく、運動も大切です。
少し遠くのスーパに買い物に行く、バス停を1つ手前で降りて歩く、足ふみをしながらテレビニュースを見るなど日常の中で手軽にできる有酸素運動を毎日続けることで、HDL値は高くなってきます。

 

また、コレステロールは肝臓で作られます。肝臓の機能が低下してコレステロールが作れなくなると、この値は低くなります。
新陳代謝が亢進する甲状腺機能亢進症でもコレステロール値が低くなります。

 

コレステロール値は、高いことが良くないだけではなく、低すぎるのも問題があるのです。

 

何事も過ぎたるは及ばざるがごとしです。

更新履歴