新しい診断基準

 

脂質異常症の診断基準

 

血液中に含まれるコレステロールや中性脂肪が、一定基準より多い状態のことを脂質異常症といいます。脂質は、細胞膜やホルモンの材料になったり、エネルギーの貯蔵庫になったりと、大切な働きがあります。ところが、食事などで体内に入ってくる脂質が多くなり過ぎたり、脂質の流れのコントロールがうまく働かなくなって、脂質が増えすぎると、血管の動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳卒中につながります。

 

従来の高脂血症は、総コレステロール値で診断されていました。そのため、善玉コレステロールの値が高い場合、本来は望ましいことなのに、総コレステロール値が高くなるため、高脂血症と診断されてしまいます。そこで、2007年に脂質異常症として新しい診断基準が設けられました。

 

悪玉コレステロールが増えると、血管の内腔が狭くなって動脈硬化が進行します。この悪玉コレステロールが多いタイプの脂質異常症を「高LDLコレステロール血症」と呼びます。2012年の診断基準ではLDLコレステロール値が140mg/dl以上としており、120〜139mg/dlを、「境界域高LDLコレステロール血症」としています。

 

善玉コレステロールは動脈硬化を防ぐ働きがあるので、これが少ない場合も問題です。このタイプは、「低HDLコレステロール血症」と呼ばれ、HDLコレステロール値が40mg/dl未満としています。

 

中性脂肪は悪玉コレステロールとともに、血管を障害して動脈硬化を招きます。また、中性脂肪が多いと悪玉コレステロールも増加傾向になります。中性脂肪が多いタイプが「高中性脂肪血症」とで、トリグリセライド値が150mg/dl以上としています。

 

これらの数値は診断の基準になりますが、危険因子が多いとリスクが高くなるため、それらも考慮して治療方針が決まります。危険因子とは、年齢、喫煙習慣、高血圧や糖尿病などの持病、家族の病歴などで、危険因子がある場合には、治療目標が厳しくなります。