食生活を見直してみる

 

脂質異常症の原因は食習慣によるところが多い?

 

まず脂質異常症とは、血液中のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)や中性脂肪が多くなりすぎたり、HDLコレステロール(善玉コレステロール)が減ってしまう状態の事を指す病気です。

 

しかしこの脂質異常症は自覚症状がほぼないとされ、健康診断等の血液検査をする事によって見つかる事が多い病気です。脂質は人間が生きていく上で非常に重要な物ですが、このバランスが崩れた状態は体にとってはリスクでしかありません。

 

このような状態が長期間続くと高血圧や糖尿病、動脈硬化のリスクが高くなり、さらには心筋梗塞や脳硬塞等の命に関わる事態になりかねません。脂質異常症の原因としては、原発性と続発性の2つのタイプに分けられます。

 

原発性のものは、「家族性高コレステロール血症」と言い遺伝が強く関係していると言われ生活習慣はほぼ関係なく発症すると言われています。そして脂質異常症の大半を占めると言われている続発性のものは、生活習慣や食生活に原因があると言われています。

 

食べ過ぎや運動不足による肥満は大きな原因であるとされていますが、食生活では肉の脂身や乳製品に多く含まれる動物性脂肪の摂りすぎもよくありません。これらに含まれる飽和脂肪酸はLDLコレステロールを増やす働きがあるためです。鶏卵、魚卵、レバー等のコレステロールが多い食べ物もLDLコレステロールが増える為食べ過ぎないよう気をつける事が必要です。

 

糖分等を多く含む甘いお菓子やジュース等の食べ過ぎも肥満になるのはもちろん中性脂肪値が高くなり、HDLコレステロール値を下げる作用があると言われています。
アルコールの飲みすぎも中性脂肪直を高くすると言われていますので気を付けましょう。HDLコレステロールが減ってしまう原因として肥満や喫煙、運動不足が挙げられます。

 

食生活を見直す事はもちろん大切な事ですが、こうした生活習慣も一緒に見直して健康を意識して生活をするように心掛ける事が大切です。