3タイプあり

 

脂質異常症のタイプ別解説

 

脂質異常症とは血液中のコレステロールや中性脂肪の値が一定基準よりも高いことを言います。その原因は遺伝や生活習慣など様々な要因があります。脂質異常症になると血液中の脂肪が多くなり、動脈硬化を起こす確率が高くなります。すると脳梗塞や心筋梗塞を発症しやすくなります。このような危険な病気でありながら、自覚症状が全くないため、ある日突然心筋梗塞になり発覚するという場合もあります。

 

この脂質異常症には実は3タイプあります。

 

まず1つ目のタイプは高LDLコレステロール血症です。これは脂質異常症の中で一番多いタイプです。悪玉と言われているLDLコレステロール値が高い状態です。主にコレステロールの高い食事を続けているとこのタイプになる危険性があります。

 

2つ目のタイプは低HDLコレステロール血症です。これは善玉と言われるHDLコレステロールが一定基準より低い状態のことを言います。通常、善玉であるHDLコレステロールの働きにより血中の余分なコレステロールは分解されます。そのため血中のコレステロール値は一定に保たれるのですが、善玉が少ない状態では余分なコレステロールが分解されず、血中に残り、そのままたまりやすくなります。すると、動脈硬化になる可能性が高くなります。このタイプはバランスの悪い食事や運動不足、喫煙をしている方に見られるタイプです。

 

3つ目のタイプは高トリグリセライド血症(高中性脂肪血症)です。これは血中の中性脂肪が一定基準より高い状態のことです。主に中高年男性に多く見られるタイプです。この中性脂肪が多いとコレステロール値も高くなる傾向があることが分かってきました。このタイプの方に多いのは飲み過ぎ、食べ過ぎの方です。

 

このように脂質異常症と言うと単に血中の悪玉コレステロール値が高いだけと思われがちですが、実際は3タイプの状態があり、中には善玉の低下という状態もあります。ですから健康診断などでLDLコレステロール値を気にするのも大切ですが、同時に善玉であるHDLコレステロール値や中性脂肪の値にも気をつける必要があります。